スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

モンスターハンター3の雑感

やばい、前回更新(配信)したのはいつだ…?!

と焦りを感じてしまうほどモンハン3をやっていた、ども、犬です。

只今HR25、総プレイ時間100時間を過ぎたところです。なにやってんだろうね!

いや、モンハンはいろいろと別腹なんですよ、睡眠時間とか執筆時間とか消費してあの世界観にのめり込みたいというか、ええ。

廃人にはならないようにします……。


続きでモンハンのことをぐだぐだと。
モンスターハンター3(トライ)を一言で表すと聞かれたら、犬は

新生!

と答えるだろう。

モンスターのほとんどは新規に作られ、水中という新たな狩り場を得て、フィールドは全て新しくなり、武器の新しい攻撃法を得て、全く別の立ち回りを経験できる。

初心者にも入り込みやすいように作られ、しかしそれでも次第に難易度が高くなる、絶妙なバランスを誇るオフラインモード。

オンラインでの協力する楽しさは言うに及ばず、新しいモンスターの攻撃になじられつつ、失敗、討伐に一喜一憂する。

しかし、それでも、モンハンらしさは失われてはいなかった。

それは、モンスターの中に見える従来のモーションが懐古させるのか、それとも変わらぬアイテム使用時のシャキーン!の理不尽さに腹を立てるからのか。

武器を駆り、モンスターを狩る。これがモンスターハンターの基本概念だ。

しかし、それならば他のゲームでも出来る芸当だ。

ならば、ハンターとモンスターとは、何だろうか。

その答えが、今作で始めて「再現」された。

――――リオレイアが、アプトノスを狩っていたのだ。

モンスターハンターというゲームの根底にあるのは生態系の概念、弱肉強食、生命の循環だ。

今まではムービーのなかでしか表現できなかった、モンスターも生きているという概念が、3(トライ)においてプレイヤーキャラと同じく、スタミナという概念により再現された。

これは3(トライ)からの新しいシステムだったが、むしろ、これがモンスターハンターをいうゲームを喚起する一つの象徴ではないか。

ハンターもモンスターも、生きている。疲れもするし、食べもする。

ゲームの中ではあるが、自然を、生態系を表現(構成)する生き物なのだ。

そのモンスターを表現する、しつくすというのが、まさにモンハンらしさ、ではないのか。

モンスターハンターは確かに「新生」した。

しかし、その「新生」はモンハンらしさを更に突き進めるためのものではないか。

そんなことを思いつつ、今日も狩りに出よう、と犬はWiiの電源を入れるのだった。まる。

テーマ:モンスターハンター3(トライ) - ジャンル:ゲーム

19 : 41 : 10 | モンハン | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<近況とあと過去作 | ホーム | Want to Kiss Syndrome 2>>
コメント
あたしゃも・・・PM漬けの次は
殺伐としたところからの逃亡で
ぽきぽきに移住したわけで・・・

すまん、哀無 零もそうです・・・Orz
by: ゲッカ・ホンザカ * 2009/08/13 01:36 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://frameworks33.blog94.fc2.com/tb.php/45-0625bfcd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

犬のいろいろ

最近の記事+コメント

メールマガジン

メールマガジンも発行中です。

世界創世所

QR

カテゴリ

オリジナル小説 (7)
オリジナル小説(過去作) (3)
雑記&雑談 (8)
つぶやき (972)
未分類 (0)
セブンスドラゴン (4)
モンハン (1)
ゲーム (1)
TRPG (3)
ももこと。 (0)

RSS

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。